2010年サッカーワールドカップ南アフリカ大会の備忘録


by KiKidoblog2010
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

準々決勝オランダ−ブラジル:ブラジル後半に力つきる

準々決勝オランダ−ブラジル

d0171613_1112739.jpg

オランダ4強、ブラジルを2—1で下す W杯決勝T



オウンゴール、一発退場… 王国ブラジル、守備陣崩壊
ロビーニョ「愚かな2失点をしてしまった」 オランダ戦
「小さなことで試合は決まる」ブラジル・ドゥンガ監督
d0171613_1131550.jpg

d0171613_113765.jpg

d0171613_1125873.jpg

d0171613_1125064.jpg

d0171613_1124268.jpg

d0171613_1123375.jpg

ブラジル撃破「今夜はお祝いだ」 オランダ監督
d0171613_117027.jpg

ブラジル破り「最高の気分」 勝ち越し点のスナイダー
d0171613_1181671.jpg

d0171613_1185932.jpg


この試合はテレビ観戦したが、前半のブラジルはボール支配率も圧倒的で、ロビーニョも豪快に得点し、ブラジルの強さを見せた。しかし後半に入ると、徐々にオランダの運動量の圧倒され、守備に時々ほころびが生まれるようになった。その最中にキーパーとDFが交錯してオウンゴールで失点。そして調子を崩す中、オランダのコーナーキックにカイトの絶妙なニアからの流しに反応したシュナイダーのヘッドで突き放した。後半にDFフェリペメロの退場も痛かった。

審判の西村さんがどうもブラジル嫌いらしく、オランダのファールをことごとく見逃したのも見逃せないアンフェアーなジャッジングであった。日本人審判に時々いるが、最初のクレームの仕方で態度が悪かったりするとそれを根に持って、1試合通じてファールを取らずに報復して思い知らすという人がいるが、どうやら西村審判はそういう人物だった。これがブラジルに災いした。
[PR]
by Kikidoblog2010 | 2010-07-03 11:20 | World Cup 2010